会社売却を検討する理由

会社を売却する理由や目的は様々で、後継者が見つからないので第三者に売って経営を続けてもらいたい場合や売ったお金を退職金にしたいなどがあります。また事業の拡大をしたいので他社に出資して欲しい、会社の経営状態を安定させるために大手企業の傘下になりたいという理由もあります。会社に債務超過があるときには、経営の行き詰まりを解消するために行われることもあるのです。

会社売却をするメリット

ネットワーク

売却益が得られる

売却することで得られるメリットの一つは、売却益を得られることです。会社を手放すことで大きなお金が動き、手元に資金が残ります。会社の経営には関われなくなりますが次の人生設計を考えたり、人によってはハッピーリタイアも実現出来るのです。

企業基盤の強化に繋がる

企業基盤の強化を行うことが出来るのもメリットです。また売却をすること管理部門の強化ができ、経営をより強化して効率化を実現することも可能です。資金集めに奔走する必要もなく、会社が成長するために必要な技術開発や人材教育に力も入れられます。従業員に対しても住宅ローンを組みやすい環境を作ってあげられたり、賃金アップにも繋がります。

連帯保証から開放される

中小企業などの悩みの中には連帯保証の問題があります。連帯保証が会社経営を続ける上でネックとなるケースが多いです。連帯保証が残っているので子供に継がせられない、幹部や他の人物に会社を任せられないという思いがあるのです。会社を売却してしまえば連帯保証も外れますし、買い手が引き継いでくれるので連帯保証から解放されます。

ハッピーリタイアをしよう

海外などでは会社経営者が早期リタイアを目的として、自分で興した会社を売ってそのお金で暮らしていくという生き方もあります。売却して得たお金を生活費に充て、自由なライフスタイルを満喫するのです。会社売却で手に入ったお金で人生を謳歌するというのも、一つのやり方です。

M&Aと会社売却の違い

M&Aと会社売却のそれぞれの意味

M&Aは企業の合併や買収を意味し、事業提携を含めるケースもあります。株式の移動は無く、譲渡対象となった事業以外はそのままです。会社売却は明確に定義されている言葉ではありませんが、全株式の譲渡を基本として事業の継承はせず、低額で売り渡すことを指します。

丸ごと買い取るのか?取捨選択するのか?

会社売却とM&Aの大きな違いは、事業ごと買い取りをするのか、個別に取捨選択するのかです。会社売却は株式の譲渡が行われるので、経営権も移動します。その会社に関係する株式を50パーセント以上獲得して、経営権を持つのです。一方M&Aは会社に対価を支払って事業部門を買い取ったり、譲渡してもらいます。

会社売却で悩んでいる人必見!【失敗しないためのコツ】

握手

後悔しないために専門コンサルティング会社に依頼しよう

会社売却を成功させるためには、専門的な知識と経験が必要です。また自分の会社の正しい価値を算出して、相場に見合った金額で売り出すことも大事です。後悔しない売却をするためにも専門のコンサルティングに依頼します。買い手との複雑な交渉も行ってくれますし、会社を譲る企業の候補もピックアップしてくれるのです。さらに客観的にどのくらいの金額で売り出せば良いのか判断します。分からないことも気軽に相談することができ、売却する上で大切な心構えも教えてくれるのが嬉しいポイントです。

広告募集中